Fireタブレット キッズモデル まとめ買いセールの注意点

Amazon Fireタブレット キッズモデル まとめ買い セール

Amazonさんで『Fireタブレット 2台まとめ買いセール』が7月31日まで開催中です。

今回は恒例の『Fire HD 85,000円OFFに加え、『Fire 7 キッズモデル5,000円OFFに、『Fire HD 8 キッズモデル6,000円OFFとセール対象が増えました。

対象になったのはうれしいですが、キッズモデルに含まれる『FreeTime Unlimited(フリータイム アンリミテッド)1年間使い放題の権利』は説明ページやヘルプに情報が少なくわかりにくいため、米国Amazonさんや日本Amazonさんのカスタマーサービスに確認した情報を元に、ご購入前に特に注意が必要な権利の扱いについてご紹介します。

モデル参考価格割引後価格
Fire HD 8 16GB (2台)17,960円12,960円
Fire 7 キッズモデル (2台)23,960円18,960円
Fire HD 8 キッズモデル (2台)29,960円23,960円

家族みんなに最適!Fireタブレット キッズモデルのポイント解説と選び方
新発売の「Fire 7 タブレット キッズモデル」と「Fire HD 8 タブレット キッズモデル」を実際に使ってみて感じたポイントと最適なモデルの選び方をご紹介します。

1年間使い放題の権利は延長されない

Fire 7 タブレット キッズモデル』と『Fire HD 8 タブレット キッズモデル』に含まれる『FreeTime Unlimited 1年間使い放題の権利』は、端末ごとに固有のサブスクリプションIDが設定されており、そのサブスクリプションIDは端末にはじめて登録したAmazonアカウントに紐付け(移行)されます

ですが問題がありまして、複数のキッズモデルを、同じAmazonアカウントで利用を開始し、1年間使い放題の権利が重複した場合、期間は延長されるのではなく、重複期間は無視され、終了日は遅い日が適用されます

例えば、同じAmazonアカウントで、1台目を1月1日に利用を開始し、追加で2台目を2月1日に利用を開始した場合、重複期間となる2月1日から翌年1月1日までは無視され、終了日は翌年2月1日になります。

つまり、キッズモデルを2台購入して、同じAmazonアカウントで利用を開始してしまうと、片方の権利は無視されてしまいます。

これはもったいない!

FreeTime Unlimited(フリータイム アンリミテッド)質問・回答集
説明ページやヘルプには載っていない「FreeTime Unlimited(フリータイム アンリミテッド)」サービスの内容や設定などでわかりにくい点を、質問回答形式でまとめましたのでご紹介します。

別のAmazonアカウントに権利の紐付け直しは可能

Amazonアカウントに紐付けされたサブスクリプションIDは、端末を初期化し、「サポートページ」からカスタマーサービスに連絡することで、別のAmazonアカウントに紐付けし直すこともできます

できるのですが、FreeTime Unlimitedはプロフィールを4人分まで設定できるため、平行して利用する必要もないですから、ご家族内での紐付け直しはあまり意味がなさそうですね。

まとめ

Fire 7 キッズモデル』と『Fire HD 8 キッズモデル』がセール対象になったのはうれしいですが、『FreeTime Unlimited 1年間使い放題の権利』が重複して無駄になってしまうケースも多いと思いますから、少し残念です。

ですが、キッズモデルがセール対象になったのは大歓迎ですし、お子さん専用にFire 7 キッズモデル、家族みんな用にFire HD 8 キッズモデルの使い方もオススメですから、別モデルとの組み合わせセールも実現するとうれしいですね。

Fire 7 キッズモデルとFire HD 8 キッズモデルのセットや、キッズモデルと普通のFireタブレットのセットは売れると思いますよ、Amazonさん~。



シェアしていただけるとうれしいです