PIN入力で防ぐ!Fire TV Stickの「機能制限」設定

約3分で読めます

さまざまなコンテンツを楽しめる『Fire TV Stick』は、ご自宅のテレビ生活を快適にしてくれます。

ですが、できることが多い反面、知らないうちに有料コンテンツを購入してしまったり、お子さんが成人向けコンテンツを視聴してしまう危険もあります。

そこで、有料コンテンツの購入や特定年齢向けコンテンツの視聴に制限をかける「機能制限」をご紹介します。

事前確認で超簡単!Fire TV Stickの初期設定
Fire TV Stickの初期設定に必要な事前確認と設定内容を画像を見ながら順を追って説明します。

機能制限の設定項目

Fire TV Stickの「機能制限」を設定すると、特定の操作にPIN(4桁の数字)の入力が必要になります

なお、機能制限を「オン(有効)」にすると、すべての項目が標準で「オン(有効)」になるので、必要に応じて設定を変更してください。

機能制限の設定項目
  1. 成人向けコンテンツを制限
  2. セッションのタイムアウト
  3. 商品購入をPINで保護
  4. 視聴制限
  5. アプリの起動をPINで保護
  6. mazon PhotosアプリをPINで保護
  7. PINを変更

① 成人向けコンテンツを制限

オンにするとホーム画面や検索結果などで成人向けコンテンツの表示を制限します。

成人向けコンテンツの表示を制限

成人向けコンテンツの表示を制限

② セッションのタイムアウト

オンにするとスリープや再起動後も成人向けコンテンツの表示が制限され続けます。

スリープや再起動後も成人向けコンテンツの表示を制限

スリープや再起動後も成人向けコンテンツの表示を制限

③ 商品購入をPINで保護

オンにすると有料コンテンツの購入時にPINの入力が必要になります。

有料コンテンツの購入時にPINの入力が必要

有料コンテンツの購入時にPINの入力が必要

④ 視聴制限

プライム・ビデオの視聴時にPINの入力が必要な年齢別レーティングを設定します。

PIN入力が必要な年齢別レーティングを設定

PIN入力が必要な年齢別レーティングを設定

⑤ アプリの起動をPINで保護

オンにするとアプリの起動にPINの入力が必要になります。

アプリの起動にPINの入力が必要

アプリの起動にPINの入力が必要

⑥ Amazon PhotosアプリをPINで保護

オンにするとAmazon Photosアプリの利用にPINの入力が必要になります。

オンにするとAmazon Photosアプリの利用にPINの入力が必要になります。

オンにするとAmazon Photosアプリの利用にPINの入力が必要になります。

⑦ PINを変更

PINを変更します。

PINを変更

PINを変更

設定は簡単

Fire TV Stickの「機能制限」は「環境設定」から簡単に設定できます。

なお、プライム・ビデオの「購入制限」と「視聴制限」はAmazonさんの「アカウントサービス」からも設定できますので、Amazonアカウント単位で一括設定する場合はこちらもオススメです

子供に見せない!課金させない!プライム・ビデオ「視聴機能制限」
購入制限や視聴制限など、プライム・ビデオの視聴機能制限はアカウントサービスから一括で設定するのが簡単です。
操作手順

[ホーム画面] → [設定(歯車)アイコン] → [環境設定] → [機能制限]

「設定」「環境設定」を選択

「設定」「環境設定」を選択


「機能制限」を選択

「機能制限」を選択


「機能制限(オフ)」を選択

「機能制限(オフ)」を選択


4桁のPINを入力

4桁のPINを入力


「OK」を選択

「OK」を選択


機能制限がオン(有効)

機能制限がオン(有効)

公式ヘルプもどうぞ

設定やトラブルでわからないことはAmazonさんの公式ヘルプ「Amazonデバイス サポート」も確認してみてください。

デバイスごと、項目ごとに詳しく説明されていて便利ですよ。

タイトルとURLをコピーしました