さわってみた!Fire7タブレット Newモデル



夕方帰宅すると宅配ボックスに到着してました! 「Fire 7 タブレット Newモデル(以下、Fire 7)」
ご対面の記念撮影を済ませたので、第一印象をご紹介します。

軽い!

手に持った第一印象は「軽い!」です。
ケースを外した「Fire タブレット 2015年モデル(以下、Fire)」と両手に持って比べてみましたが、重さの違いをハッキリと感じます。
Fire 7とFireの重さの差は18g、1円玉で18枚ですが侮れません。

カバー連動スリープ対応!

これ、地味に便利!
カバーを閉じると自動的にスリープになる機能、ほかのタブレットは対応していることが多いですが、Fireは対応していなかったんですね。
時間でスリープになる設定で代用していたのですが、カバーを閉じると即スリープ!はうれしいです。

液晶が変わった?

帰宅したオットに見せたのですが、Fire 7とFireを見比べて「液晶の感じが変わった?」との指摘。
調べたところ、ディスプレイのピクセル形状というのが長方形から正方形に変更されていて、より綺麗に出力できるようになっているとのことです。
正直、私には違いが分からないのですが、性能がアップしているようなのでうれしいですね!

Wi-Fiデュアルバンドの効果は?

いつも使っている我が家のWi-Fiで初期設定を済ませたのですが、これは2.4GHz帯というものらしいことが判明。
オットに「我が家のWi-Fiは5GHz帯に対応してるの?」と聞いてみたところ、「対応している」とのことなので、設定を教えてもらい、5GHz帯に変更してみました。
変更後、動画を数本見てみましたが、正直、違いは分かりませんでした。

まとめ

Fireから見た目の変化が少ないFire 7ですが、手に持った第一印象の「軽い!」が強く、この点だけでも「買って良かった!」です。
何と言っても、クーポンを使えば4,980円で買えちゃいますからね。
バッテリー駆動時間が1時間延びている点などはのちのち実感できると思いますので、子供用タブレットにオススメです!

お得に買いたい!Fireタブレット
ご存知の方も多いかと思いますが、Amazonプライムの有料会員はFireタブレットとFireHDタブレットを「それぞれ各1台」4,000円引きで買えちゃいます。


シェアしていただけるとうれしいです