【Fire HD 8 2020年モデル・Plus】Google PlayインストールでAlexa停止

6月3日発売の『Fire HD 8(第10世代)』『Fire HD 8 Plus』『Fire HD 8 キッズモデル(第10世代)』にGoogle Playをインストールすると、このモデル固有の不具合が発生することが確認されました。

この不具合に関しては問い合わせを複数いただいており、お困りの方も多いと思われるため、不具合の状況と対策などをご紹介します。

確認にご協力いただきました皆さま並びに情報を提供いただきました皆さまありがとうございます。

【詳細解説】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストール
【Fire HD 8 Plus・2017~2020年発売のFireタブレット全モデル・Fire OS 5/6/7対応】FireタブレットにGoogle Playをインストールする手順やポイントを詳しく説明します。ご利用はひっそりと。

Alexa無反応、Fireタブレット停止

Google Playインストール後、Alexaアプリの設定や音声コントロール、Alexa連携機能があるアプリが無反応になり、Fireタブレットが停止する、というのが今回の不具合です。

同じFire OS 7を搭載する『Fire HD 10(第9世代)』と『Fire HD 10 キッズモデル』も、Google PlayをインストールするとAlexaの設定ができなくなる不具合がありましたが、今回はFireタブレットが一切の操作を受け付けなくなるため深刻です。

また、この不具合が発生した場合、設定メニューの初期化では正常に復元できません(いただいた情報によりますと、複数の方がAmazonさんに交換対応してもらっているようです)。

対策

こちらで確認した範囲では「Google Playのインストール前にAlexa関連の初期設定をする」ことと「適切なバージョンのAPKファイルをインストールする」ことで不具合を回避できています。

当サイトのGoogle Playインストール記事で紹介しているAPKファイルは動作確認済みのバージョンのため、初回電源投入時もしくは初期化後であれば、初期設定の途中で指示されるAlexaの設定を完了すれば、記事の手順に沿ってGoogle Playをインストールしても問題ありません。

また、設定メニューの初期化では正常に復元できなかった方にリカバリーモードから初期化していただき、今のところ不具合が再発していないのを確認していますので、お困りの方はこちらも試してみてください。

知ってて安心?Fireタブレットをリカバリーモードで初期化する方法
Fireタブレットを初期化する方法が2つあるのをご存じですか?いざという時に役に立つので、通常の手順とリカバリーモードから初期化する手順を説明します。

不具合アプリはAPKでインストール

有志の方からの情報によりますと、Alexa連携機能があるアプリ(radikoなど)で不具合が発生した場合、直接APKファイルからインストールするとAlexaの影響を受けずに正常動作するようです。

貴重な情報を提供いただきました方、本当にありがとうございます。

まとめ

旧モデルに比べて動作は軽快で、最高のモデルチェンジを遂げた印象の『Fire HD 8(第10世代)』『Fire HD 8 Plus』『Fire HD 8 キッズモデル(第10世代)』ですが、Google Playを使いこなすには少しコツが必要なようです。

有志の方々のご協力により発売直後から複数台での動作確認を行っていますが、今回の不具合以外に目立った問題はなさそうなので、安定動作といっても良さそうですね。





シェアしていただけるとうれしいです