【詳細版】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストール

こちらもどうぞ

Google Playのインストール手順だけを知りたい方はリンク先の記事をどうぞ。

【誰かのお役に立つかもしれない、ひっそり記事】

「Fireタブレットに『Google Play』がインストールできればな~」、こんな風に思ったことありません?

Amazon Android アプリストア」経由でしかアプリの追加ができず、なにかと不便なFireタブレットで「Google Play」にある数多くのアプリが使えればどんなに便利か……。

実はFireタブレットにGoogle Playをインストールする超簡単な方法があるんです。

その方法、ネットにつながったFireタブレットだけで作業できるので、手順さえ間違えなければ、あっという間に完了するのですが、いくつかポイントがあるのでインストールから設定まで順を追って説明します。

初心者向け補足

初心者の方はさらっと目を通してみてください。

「そんなの知ってるよ~」という方は読み飛ばしてくださいね。

Google Playは危険?安全?

※個人の感想です。

Google Playで一番気になるのは、その安全性ですよね。

たしかにAmazonさんが想定した使い方ではないため、安全性が低下するのは間違いありませんが、私の周囲では(非対応アプリが動作しないのはよくありますが)Google Playのインストールが原因と思われる不具合は少数ですし、初期化ですべて解決しています。

また、Play ストアには多数の不正アプリが存在するため、それらに遭遇する危険性もありますが、「Amazon Android アプリストア」にも不正通信の疑いがあるアプリが存在するため、必ずしも安全であるとは限りません。

繰り返しになりますが安全性が低下するのは間違いないため、すべての皆さんにオススメはできませんが、Google Playをインストールするメリットとデメリットを天秤に掛けた場合、得られるメリットが圧倒的に大きいと思います。

由緒正しい(?)方法です

これから説明するのは海外のフォーラムで2017年春頃から話題になっていて、手順や成功例の記事がいくつも書かれている由緒正しい(?)方法です。

なお、リンク先は2017年6月に書かれた海外の記事で(英語ですが)インストール手順を動画で解説しているので、全体の流れを確認するのに参考になりますよ。

どのモデルにインストールできるの?

現在Amazonさんで販売している『Fire 7(第9世代)』『Fire 7 キッズモデル』『Fire HD 8(第8世代)』『Fire HD 8 キッズモデル』『Fire HD 10(第7世代)』の5種類、および販売が終了した『Fire 7(第7世代)』『Fire HD 8(第7世代)』で動作を確認しています。

なお『Fire 7(第9世代)』『Fire HD 8(第8世代)』には下の「【重要】Fire OS 6向け補足」で説明している制限、『Fire 7 キッズモデル』『Fire HD 8 キッズモデル』には下の「【重要】Fire OS 6向け補足」と「キッズモデル向け補足」で説明している制限がありますので注意してください。

保証はどうなるの?

インストールが簡単とはいえ、故障した場合の保証は気になりますよね。

海外の記事やフォーラムをのぞいてみたところ、実際に保証を申請した顛末はみつけられませんでしたが、「root化してないから保証は大丈夫でしょ~(意訳)」とする意見や、Amazonさんの保証規約を引用して「Amazonさんの想定する使い方じゃないんだから保証はダメでしょ~(意訳)」とする意見が多いです。

ただし、これから説明する方法の場合、初期化すればGoogle Playをインストールした痕跡が残らないので確認のしようがない、というのが実情のようです。


気になる日本の場合もAmazonさんの保証規約の「通常の使用状況」ではないため、保証外となる可能性が高いです。

また、有料の延長保証も保証規約の「ユーザーズガイドに従った正常な使用状態」ではなく、「不当な修理や改造」に相当し、保証外となる可能性が高いので注意が必要です。

【重要】アプリが壊れる?

Google Playインストール後、Fireタブレットにはじめからはいっているアプリが表示されなくなったり、起動しなくなることがあります。

私は「本(Kindle)」アプリが表示されなくなり、「ビデオ(プライム・ビデオ)」アプリが起動しなくなりました。

これはGoogle Playの「アプリの自動更新」機能が悪さをしていて、Fireタブレット専用アプリをPlay ストアにある一般用アプリと勘違いして上書きしてしまうのが原因のようです。

そのため、Google Playインストール直後に「アプリの自動更新」機能を停止することで、この不具合は回避できます。

この不具合、表示されないだけなら上書きされたアプリをアンインストールして再起動すれば直るのですが、起動しない場合は初期化が必要なので注意してください。

【重要】Fire OS 6向け補足

2種類のFire OS

現在Amazonさんで販売しているFireタブレットは、初期OSが「Fire OS 5」の第7世代(『Fire HD 10(第7世代)』)と、初期OSが「Fire OS 6」の第8世代(『Fire HD 8(第8世代)』『Fire HD 8 キッズモデル』)・第9世代(『Fire 7(第9世代)』『Fire 7 キッズモデル』)の2種類に分類されます。

このうち「Fire OS 6」のモデルにこれから説明する方法でGoogle Playをインストールする場合、いくつか注意が必要です。

モデル発売初期Fire OS
バージョン
Android
バージョン
Fire 7
(第7世代)
2017年Fire OS 5Android 5.1
Fire HD 8
(第7世代)
2017年Fire OS 5Android 5.1
Fire HD 10
(第7世代)
2017年Fire OS 5Android 5.1
Fire HD 8
(第8世代)
2018年Fire OS 6Android 7.1
Fire HD 8
キッズモデル
2019年Fire OS 6Android 7.1
Fire 7
(第9世代)
2019年Fire OS 6Android 7.1
Fire 7
キッズモデル
2019年Fire OS 6Android 7.1

Google 設定

Fire OS 6」のモデルにGoogle Playをインストールしても、Google アカウントを管理する「Google 設定」がホーム画面に追加されません

この状態でもPlay ストアからアプリの追加や削除はできますが、Googleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除するには少し特殊な手順が必要なため、詳細はリンク先の記事を参考にしてみてください。

【Fire OS 6】FireタブレットでGoogleアカウントを設定する方法
Fire OS 6のFireタブレットではできなかったGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法をご紹介します。

microSDカードのフォーマット

Fire OS 6」はmicroSDカードの使い方を「内部ストレージ」と「外部ストレージ」の2種類から選ぶ必要があります。

このうち、microSDカードを「内部ストレージ」に設定したFireタブレットにGoogle PlayをインストールするとPlay ストアが正常に動作しない不具合が確認されました

この不具合、Fireタブレットを再起動したりmicroSDカードを差し直すとストアは動作するためわかりにくいのですが、そのまま使い続けると最悪の場合Fireタブレットが停止して一切の操作を受け付けなくなります。

今のところmicroSDカードを「外部ストレージ」に設定したFireタブレットでは同様の不具合は確認されていないため、Google Playを使いたい方はmicroSDカードを外部ストレージとして設定するのをオススメします

確認にご協力いただきました皆さまありがとうございます。

容量不足解消!FireタブレットでmicroSDカードを設定する方法と注意点
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードの設定手順や注意点などをFire OS 5とFire OS 6の2種類のOS別に説明します。

キッズモデル向け補足

AmazonアカウントではGoogle Playを利用できる

Amazonさんの子供向け知育コンテンツ定額サービス『FreeTime Unlimited(フリータイム アンリミテッド)』の開始にあわせ、2019年3月に『Fire HD 8 キッズモデル』、2019年6月に『Fire 7 キッズモデル』が発売されました。

このキッズモデルのタブレット本体は『Fire 7(第9世代)』または『Fire HD 8(第8世代)』と全く同じものですから、登録したAmazonアカウントでFireタブレットを使う場合、Google PlayをインストールすればPlay ストアから追加したアプリを利用できます

家族みんなに最適!Fireタブレット キッズモデルのポイント解説と選び方
新発売の「Fire 7 タブレット キッズモデル」と「Fire HD 8 タブレット キッズモデル」を実際に使ってみて感じたポイントと最適なモデルの選び方をご紹介します。

子ども用プロフィールではGoogle Playを利用できない

キッズモデルにはFreeTime Unlimitedの1年間の利用料金が含まれており、Fireタブレットに登録したAmazonアカウント以外に、お子さんがこのサービスを使うための「子ども用プロフィール」を設定できます。

このプロフィールは利用できるコンテンツを個別に管理できますが、追加できるアプリはFreeTime UnlimitedのコンテンツおよびFireタブレットに登録したAmazonアカウントで「Amazon Android アプリストア」から購入したFireタブレット対応アプリだけです。

そのためGoogle Playをインストールしても、Play ストアから追加したアプリは子ども用プロフィールでは利用できません

Fireタブレット キッズモデルでプライム・ビデオをみる方法
「Fire 7 キッズモデル」や「Fire HD 8 キッズモデル」、「FreeTime Unlimited」の子ども用プロフィールでプライム・ビデオをみる方法をご紹介します。

インストールと設定の手順

インストールと設定の手順は下の通りです。

細かくわけましたが、ポイントは「APKファイルをインストールする順番」と「アプリの自動更新停止」です。

また、すべての作業がネットにつながったFireタブレットだけで完了しますが、作業手順を確認するため別の端末で今ご覧のページを開いておくと便利です。

この記事のURLとタイトルをコピーする

このページのURL(どちらも同じです)
  • https://kodomotablet.com/how-to-install-google-play-on-fire-tablet
  • https://bit.ly/2JvUgKJ

インストールと設定の手順
  1. Fire OSのバージョンを確認
  2. microSDカードのフォーマットを確認
  3. 「不明ソースからのアプリ」をオン
  4. Silk ブラウザで4つのAPKファイルをダウンロード
  5. ダウンロードした4つのAPKファイルをインストール
  6. 再起動
  7. Play ストアの動作確認
  8. 【至急】「アプリの自動更新」を停止
  9. 「不明ソースからのアプリ」をオフ

Google アカウントお持ちですか?

Google Playでアプリをダウンロードするには「Google アカウント」が必要です。

既にお持ちの方はそちらを使えますし、Google Playインストール後に追加される「Play ストア」の初回起動時に新規取得もできます。

Fire OS 6はアカウント設定に注意

Fire OS 6のモデルでGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法はリンク先の記事で紹介しています。

【Fire OS 6】FireタブレットでGoogleアカウントを設定する方法
Fire OS 6のFireタブレットではできなかったGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法をご紹介します。

Fire OS 6はmicroSDカードに注意

Fire OS 6のモデルでmicroSDカードを「内部ストレージ」として設定している場合、Google Playが正常に動作しない可能性があるので注意してください。

容量不足解消!FireタブレットでmicroSDカードを設定する方法と注意点
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードの設定手順や注意点などをFire OS 5とFire OS 6の2種類のOS別に説明します。

① Fire OSのバージョンを確認

Fire OS 5」と「Fire OS 6」ではインストールするAPKファイルが異なります。

そのため、これからGoogle PlayをインストールするFireタブレットで「Fire OSのバージョン」を確認してください。

設定」画面のメニューが「端末オプション」なら「Fire OS 5」、「デバイスオプション」なら「Fire OS 6」、この確認方法でも大丈夫です。

操作手順(Fire OS 5)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面で端末オプションをタップ
  3. [端末オプション]画面でシステムアップデートをタップ
  4. [システムアップデート]画面でFire OSのバージョンを確認


「端末オプション」の「システムアップデート」でFire OSのバージョンを確認


操作手順(Fire OS 6)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でデバイスオプションをタップ
  3. [デバイスオプション]画面でシステムアップデートをタップ
  4. [システムアップデート]画面でFire OSのバージョンを確認


「デバイスオプション」の「システムアップデート」でFire OSのバージョンを確認


② microSDカードのフォーマットを確認

Fire OS 6」でmicroSDカードを「内部ストレージ」として設定している場合、Google Playが正常に動作しない可能性があります。

そのため、microSDカードのフォーマットを確認し「内部ストレージ」として設定している場合、リンク先の記事を参考に「外部ストレージ」への変更をオススメします。

なお、microSDカードを使っていない、もしくは「Fire OS 5」では確認は不要です。

容量不足解消!FireタブレットでmicroSDカードを設定する方法と注意点
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードの設定手順や注意点などをFire OS 5とFire OS 6の2種類のOS別に説明します。

操作手順(Fire OS 6)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でストレージをタップ
  3. [ストレージ]画面でポータブルストレージとしてフォーマット項目がある場合は内部ストレージとして設定済み、内部ストレージとしてフォーマット項目がある場合は外部ストレージとして設定済み


左が「内部ストレージ」として設定済み、右が「外部ストレージ」として設定済み

③「不明ソースからのアプリ」をオン

アプリをインストールするための「APKファイル」は「Amazon Android アプリストア」以外から入手します。

そのため、Amazon Android アプリストア以外から入手したアプリをインストールできるよう「不明ソースからのアプリ」をオンにしてください。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でセキュリティとプライバシーをタップ
  3. [セキュリティとプライバシー]画面で不明ソースからのアプリをタップしてオン


「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオン



「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオン

④ Silk ブラウザで4つのAPKファイルをダウンロード

ホーム画面の「Silk ブラウザ」で今ご覧のページ(https://bit.ly/2JvUgKJ)を開き、下のリンク先から順番に4つのAPKファイルをダウンロードしてください。

なお、Fire OS 5用とFire OS 6用はダウンロードリンクが異なるので間違えないよう注意してください。

また、リンク先の『APKMirror』は取扱いファイルが正規の状態であることを確認している比較的安全なサイト(海外フォーラム談)ですが、ダウンロードする前に「Verified safe to install」という表記を必ず確認してください。

リンク先のページで「DOWNLOAD APK」ボタンを押せば、自動的にファイルのダウンロードが開始します。

その際、「悪影響を与える可能性があります」のような怖いメッセージが表示される場合がありますが、迷わず「OK」をタップしてください。

「Verified safe to install」を確認してダウンロード


このページのURL(どちらも同じです)
  • https://kodomotablet.com/how-to-install-google-play-on-fire-tablet
  • https://bit.ly/2JvUgKJ

⑤ ダウンロードした4つのAPKファイルをインストール

ダウンロード完了後、「Silk ブラウザ」のダウンロード一覧を開き、4つのAPKファイルを下の順番でインストールしてください。

インストールする順番を間違えると動作しないので必ず守ってくださいね。

なお、「Google Play Services (Google Play開発者サービス)」はインストールに時間がかかるので、止まったかな?と不安になりますが、少しの間、放置してあげてください。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. [Silk ブラウザ]のメニューアイコンをタップ
  2. ダウンロードをタップ
  3. [ダウンロード]画面でインストールするファイル名をタップ
  4. [ファイル名]画面で次へをタップ
  5. [ファイル名]画面でインストールをタップ
  6. [インストール完了]画面で完了をタップ


「Silk ブラウザ」のメニューから「ダウンロード」をタップ



4つのAPKファイルを正しい順番でインストール


インストールの順番(Fire OS 5)
  1. [Google Account Manager (Googleアカウントマネージャー)]
    com.google.android.gsf.login_5.1-1743759-22_minAPI21(nodpi)_apkmirror.com.apk
  2. [Google Services Framework (Googleサービスフレームワーク)]
    com.google.android.gsf_5.1-1743759-22_minAPI22(nodpi)_apkmirror.com.apk
  3. [Google Play Services (Google Play開発者サービス)]
    com.google.android.gms_10.2.98_(230-146496160)-10298230_minAPI21(armeabi-v7a)(nodpi)_apkmirror.com.apk
  4. [Google Play Store (Google Play ストア)]
    com.android.vending_7.4.25.L-all_0_PR_145823605-80742500_minAPI14(240,320,480dpi)_apkmirror.com.apk

インストールの順番(Fire OS 6)
  1. [Google Account Manager (Googleアカウントマネージャー)]
    com.google.android.gsf.login_7.1.2-25_minAPI23(nodpi)_apkmirror.com.apk
  2. [Google Services Framework (Googleサービスフレームワーク)]
    com.google.android.gsf_7.1.2-25_minAPI25(nodpi)_apkmirror.com.apk
  3. [Google Play Services (Google Play開発者サービス)]
    com.google.android.gms_14.3.66_(040400-213742215)-14366019_minAPI23(arm64-v8a,armeabi-v7a)(nodpi)_apkmirror.com.apk
  4. [Google Play Store (Google Play ストア)]
    com.android.vending_12.0.19-all_0_PR_215617186-81201900_minAPI16(armeabi,armeabi-v7a,mips,mips64,x86,x86_64)(240,320,480dpi)_apkmirror.com.apk

⑥ 再起動

4つのAPKファイルのインストール完了後、Fireタブレットを再起動してください。

なお、再起動直後はFireタブレットが少し不安定になりますが、これはGoogle Play関連の設定を自動で行っているのが原因なので、少しの間、放置してあげてください。

放置しても不安定な状態が直らない場合は、再度、再起動してください。

操作手順(Fire OS 5)
  1. 電源ボタンを長押し、ダイアログでOKをタップし電源を切る
  2. 再度電源ボタンを長押しで電源を入れる

操作手順(Fire OS 6)
  • 電源ボタンを長押し、ダイアログで再起動をタップ

⑦ Play ストアの動作確認

インストールが正しく完了すると、「Fire OS 5」はホーム画面に「Google 設定」と「Play ストア」が、「Fire OS 6」は「Play ストア」が追加されるので、「Play ストア」に「Google アカウント」追加し、動作を確認してください。

Google アカウントを既にお持ちの方はそちらを使えますし、Play ストア初回起動時に新規取得もできます。

新規取得は画面の指示に従って必要な項目を入力していくだけです。

また、Fire OS 6のモデルでGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法はリンク先の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

【Fire OS 6】FireタブレットでGoogleアカウントを設定する方法
Fire OS 6のFireタブレットではできなかったGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法をご紹介します。


「Play ストア」に「Google アカウント」を追加して動作確認


⑧【至急】「アプリの自動更新」を停止

Play ストア」の設定から「アプリの自動更新」機能を停止してください。

事前注意にも書きましたが、Google Playインストール直後にこの機能を停止しないと、Fireタブレットにはじめからはいっているアプリが表示されなくなったり、起動しなくなることがあります。

なお、この機能を停止するとPlay ストアからインストールしたアプリは自動で更新されませんが、更新が必要なアプリは通知が表示されますので、表示された通知から更新、もしくはPlay ストアから手動で更新してください。

手動で更新するのはちょっと面倒ですが、初期化はもっと面倒なので我慢してくださいね。

自動更新停止後、お好きなアプリのダウンロードとインストールができれば完了です。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. [Play ストア]のメニューアイコンをタップ
  2. 設定をタップ
  3. [設定]画面でアプリの自動更新をタップ
  4. [アプリの自動更新]画面でアプリの自動更新をしないを選択


「Play ストア」のメニューから「設定」をタップ



「アプリの自動更新」から「アプリの自動更新をしない」を選択

⑨「不明ソースからのアプリ」をオフ

不要なアプリがインストールされてしまうのを防ぐため、「不明ソースからのアプリ」をオフにしてください。

なお、オフにするとPlay ストアからもアプリがインストールできないので注意してください。

以上で作業は完了です、お疲れ様でした。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でセキュリティとプライバシーをタップ
  3. [セキュリティとプライバシー]画面で不明ソースからのアプリをタップしてオフ


「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオフ



「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオフ

お困りですか?

Google Playが起動しない

Google Playインストール直後から起動しない場合、お使いのFireタブレットのFire OSに対して、インストールするAPKファイルがあっていない可能性がありますので、アンインストール後、正しいAPKファイルをインストールし直してください。

また、ある日突然Google Playが起動しなくなった場合、関連アプリが自動更新されてしまった可能性があります。

この場合、Google Play関連アプリのアンインストールと再インストールで直る場合もありますが、直らない場合、初期化が必要です。

こうならないためにも、Google Playインストール直後に「アプリの自動更新」機能は停止しておきましょう。

初期化の前に!FireタブレットからGoogle Playをアンインストール
FireタブレットからGoogle Playをアンインストールする手順を説明します。初期化の前に是非お試しを。

Google Playからアプリがダウンロードできない

Play ストアでアプリをインストールする時に、「ダウンロードを保留しています」というメッセージがでてダウンロードが開始しないことがあります。

これは「不明ソースからのアプリ」がオフになっているためなので、下の手順でオンにしてください。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でセキュリティとプライバシーをタップ
  3. [セキュリティとプライバシー]画面で不明ソースからのアプリをタップしてオン


「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオン



「セキュリティとプライバシー」の「不明ソースからのアプリ」をタップしてオン

Google Playからダウンロードしたアプリがアンインストールできない

Play ストアからダウンロードしたアプリがアンインストールできない場合、アプリが正しく終了せず、バックグラウンドで動作し続けている可能性があります。

この場合、再起動してもバックグラウンドで動作し続けてしまうため、下の手順でアプリを強制終了してからアンインストールしてください。

知ってて安心!Fireタブレットでアプリを強制終了する方法
Fireタブレットでアプリを終了する(閉じる)方法が2つあるのをご存じですか?いざという時に役に立つので、標準と強制終了の手順を説明します。

操作手順(Fire OS 5)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でアプリとゲームをタップ
  3. [アプリとゲーム]画面ですべてのアプリケーションを表示をタップ
  4. [すべてのアプリケーションを表示]画面で実行中をタップ
  5. [すべてのアプリケーションを表示]画面の[実行中]タブで終了したいアプリをタップ
  6. [稼働中のアプリ]画面で停止をタップ


「アプリとゲーム」をタップ、「すべてのアプリケーションを表示」をタップ



「実行中」をタップ、「終了するアプリ」をタップ、「停止」をタップ


操作手順(Fire OS 6)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でアプリと通知をタップ
  3. [アプリと通知]画面ですべてのアプリケーションを表示をタップ
  4. [すべてのアプリケーションを表示]画面で終了したいアプリをタップ
  5. [アプリ情報]画面で強制停止をタップ


「アプリと通知」をタップ、「すべてのアプリケーションを表示」をタップ



「終了するアプリ」をタップ、「強制停止」をタップ

Google Playのアプリ手動更新方法

アプリの自動更新」機能を停止するとPlay ストアからインストールしたアプリは自動で更新されませんので、手動で更新してください。

その際、Fireタブレットにはじめからはいっているアプリは絶対に更新しないでください。

Play ストア経由で更新してしまいアプリが起動しなくなると、初期化が必要です。

操作手順(Fire OS 5/6 共通)
  1. [Play ストア]のメニューアイコンをタップ
  2. マイアプリ&ゲームをタップ
  3. [マイアプリ&ゲーム]画面で更新したいアプリの更新をタップ


Fireタブレットにはじめからはいっているアプリは絶対に更新しない

「Google 設定」は何に使うの?(Fire OS 5)

Google Playインストール完了後、ホーム画面に追加される「Google 設定」ですが、ここからPlay ストアなどで追加した「Google アカウント」の各種設定ができます。

「Google 設定」で「Google アカウント」の各種設定が可能


初期化の手順も確認

なるべく避けたい初期化ですが、念のため操作手順を確認しておきましょう。

なお、ご存じだと思いますが、初期化すると内部ストレージのデータが全部消えてしまうので注意してくださいね。

知ってて安心?Fireタブレットをリカバリーモードで初期化する方法
Fireタブレットを初期化する方法が2つあるのをご存じですか?いざという時に役に立つので、通常の手順とリカバリーモードから初期化する手順を説明します。

操作手順(Fire OS 5)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面で端末オプションをタップ
  3. [端末オプション]画面で工場出荷時の設定にリセットをタップ
  4. [工場出荷時の設定にリセット]ダイアログでリセットをタップ


「端末オプション」の「工場出荷時の設定にリセット」をタップ


操作手順(Fire OS 6)
  1. 画面を最上部から下にスワイプし設定(歯車)アイコンをタップ
  2. [設定]画面でデバイスオプションをタップ
  3. [デバイスオプション]画面で工場出荷時の設定にリセットをタップ
  4. [工場出荷時の設定にリセット]ダイアログでリセットをタップ


「デバイスオプション」の「工場出荷時の設定にリセット」をタップ

まとめ

インストール作業、ポイントをおさえれば、すごく簡単ですよね?

Google Playをインストールすると弱点であるアプリの少なさが解消するため、Fireタブレットの使い勝手が一段と良くなりますが、「何かあったら初期化が必要」な点に注意してください。

といいつつ、すごく便利ですよね、Google Play。

AmazonさんのAndroid アプリストアは使いたいアプリがピンポイントでなかったりするので、今後の充実に期待しつつ、Google Playをひっそり活用してくださいね。

シェアしていただけるとうれしいです