電源が入らない?画面が真っ暗?Fireタブレットを再起動する方法

Fireタブレットを使っていたら画面が真っ暗になってしまった・・・・・・。

電源ボタンを押しても反応しない・・・・・・。

こうなると故障を疑ってしまいますが、Amazonさんのカスタマーサービスに連絡する前に試していただきたい再起動の手順を説明します。

保証が切れてしまった方も、あきらめるのはまだ早いですよ。

手順①:通常の再起動

まずはAmazonさんのヘルプでも紹介されている再起動の手順を説明します。

動かなくなってしまったFireタブレット以外に用意するものは「USBケーブル」と「充電器」ですが、付属のものでなくても大丈夫ですよ。

充電器につないで操作することで、バッテリー切れが原因か判断できるのがポイントです。

Amazonさんのカスタマーサービスに「電源が入らない」と説明すると、はじめに紹介される対処法ですね。

用意するもの
  • Fireタブレット
  • USBケーブル
  • 充電器

操作手順
  1. FireタブレットとUSBケーブルでつないだ充電器をコンセントに差し込む
  2. 充電器につないだままFireタブレットの電源ボタンを40秒間押し続ける
  3. 40秒経過する前に電源が入った場合は電源ボタンを離す
  4. 40秒経過しても電源が入らない場合は電源ボタンを離し、再度電源ボタンを押す

手順②:パソコンのUSBポートを使った再起動

次は「パソコンのUSBポート(差し込み口)」を使った再起動の手順を説明します。

通常の再起動で電源が入らない場合、バッテリーに過度の負荷が加わったことが原因で電源が入らなくなってしまった可能性があります。

この場合、付属の充電器よりも給電能力の低いパソコンのUSBポートからゆっくり充電することで、バッテリーに負荷を加えずに再起動できます。

なお注意点としまして、USB3.0ポートの給電能力は900mAと充電器と差がないため、給電能力が500mAのUSB2.0ポートを使ってください

これは充電できなくなってしまったFireタブレットを復活させる対処法として海外のフォーラムで紹介されていましたが、充電器につないだままで使い続けた(バッテリーにとって最悪の使い方のようです・・・・・・)我が家の共用タブレットを見事に復活させてくれました。

用意するもの
  • Fireタブレット
  • USBケーブル
  • USB2.0ポートのあるパソコン

操作手順
  1. FireタブレットにつないだUSBケーブルをパソコンのUSBポートに差し込む
  2. USBポートにつないだままFireタブレットの電源ボタンを40秒間押し続ける
  3. 40秒経過する前に電源が入った場合は電源ボタンを離す
  4. 40秒経過しても電源が入らない場合は電源ボタンを離し、再度電源ボタンを押す

手順③:セルフパワーのUSBハブを使った再起動

次は「セルフパワーのUSBハブ(ポート増設機器)」を使った再起動の手順を説明します。

USBハブにはパソコンのUSBポートから電源を供給するバスパワーと、ACアダプターで電源を供給するセルフパワーがありますが、セルフパワーでUSB2.0対応(USB3.0非対応)タイプのUSBハブはパソコンのUSB2.0ポートと同じ効果が期待できます。

なおセルフパワーのUSBハブにはパソコンのUSBポートにつないでいないと電源が供給されないタイプがありますので注意してください。

我が家では常時通電モードがあるバッファローさんの『BSH7AE03BK』で動作が確認できました。

用意するもの
  • Fireタブレット
  • USBケーブル
  • USBハブ(USB2.0対応セルフパワータイプ)

操作手順
  1. FireタブレットにつないだUSBケーブルをUSBハブに差し込む
  2. USBハブにつないだままFireタブレットの電源ボタンを40秒間押し続ける
  3. 40秒経過する前に電源が入った場合は電源ボタンを離す
  4. 40秒経過しても電源が入らない場合は電源ボタンを離し、再度電源ボタンを押す


手順④:リカバリーモードから再起動

最後は「リカバリーモード」から再起動する手順を説明します。

故障以外のほぼどんな状態のFireタブレットでも無理やり動作させてしまうリカバリーモードは便利ですが、間違った操作をするとシステムを壊してしまい、せっかく再起動しても復旧できない危険性があるため十分注意してください。

また操作の途中で電源がオフになるのを避けるため、バッテリー切れの心配がある場合は電源につないでから操作してください。

Amazonさんのカスタマーサービスで動作確認の最後に紹介される対処法ですね。

用意するもの
  • Fireタブレット
  • USBケーブル
  • 充電器

操作手順
  1. Fireタブレットを電源につなぐ
  2. 2つのボタン(*)を同時に長押し、[amazon]ロゴがでたら離す
    • Fire 7 (第7世代) : 電源ボタン + 外側音量ボタン(向かって左)
    • Fire HD 8 (第7世代) : 電源ボタン + 内側音量ボタン(向かって右)
    • Fire HD 8 (第8世代) : 電源ボタン + 外側音量ボタン(向かって左)
    • Fire HD 10 (第7世代) : 電源ボタン + 内側音量ボタン(向かって右)
    • * リカバリーモードにならない場合は別の音量ボタンを試してください

  3. [Amazon system recovery]もしくは[Android recovery]画面がでたら、音量ボタンで[reboot system now]に移動し、電源ボタンを押して決定


[reboot system now]を選択して決定



[reboot system now]を選択して決定


知ってて安心?Fireタブレットをリカバリーモードで初期化する方法
Fireタブレットを初期化する方法が2つあるのをご存じですか?いざという時に役に立つので、通常の手順とリカバリーモードから初期化する手順を説明します。

番外編:バスパワーのUSBハブを使った再起動

番外編として「バスパワーのUSBハブ」を使った再起動の手順を説明します。

手順①と似ていますが、充電器とUSBケーブルの間にUSBハブを挟み給電能力を抑えることで、パソコンのUSB2.0ポートやセルフパワーのUSBハブと同じ効果が期待できます。

なお我が家ではエレコムさんの『U2H-SN4NBBK』とFireタブレット付属の充電器で動作を確認できましたが、組み合わせによっては故障などの危険性があるため番外編とさせていただきました。

用意するもの
  • Fireタブレット
  • USBケーブル
  • USBハブ(USB2.0対応バスパワータイプ)
  • 充電器

操作手順
  1. Fireタブレット、USBケーブル、USBハブをつないだ充電器をコンセントに差し込む
  2. 充電器につないだままFireタブレットの電源ボタンを40秒間押し続ける
  3. 40秒経過する前に電源が入った場合は電源ボタンを離す
  4. 40秒経過しても電源が入らない場合は電源ボタンを離し、再度電源ボタンを押す


それでも電源が入らない場合は?

ご紹介した対処法で電源が入らない場合、残念ながら故障の可能性があります。

事故保証プラン』を購入されている方は、リンク先の記事で保証を申請するためのポイントと手順を説明していますので参考にしてみてください。

これまで試した対処法と結果をAmazonさんのカスタマーサービスに説明すれば、スムーズに保証が適用されると思いますよ。

ポイント解説!最短でFireタブレットの事故保証プランを申請する方法
Fireタブレットの自然故障やバッテリーの劣化にも対応するテックマークジャパンの「事故保証プラン」ですが、最短で保証を申請するポイントと手順を説明します。

公式ヘルプもどうぞ

設定やトラブルでわからないことはAmazonさんの公式ヘルプ「Amazonデバイス サポート」も確認してみてください。

デバイスごと、項目ごとに詳しく説明されていて便利ですよ。

なおFireタブレットは世代ごとにヘルプが用意されているので「Fireタブレットの見分け方」も参考にしてみてください。

シェアしていただけるとうれしいです