【初心者向け】子供と家族におすすめのFireタブレットとアクセサリ

お子さんやご家族が使うタブレット選びにお悩みのママさんやパパさんは多いと思います(私がそうでしたから)。

そんなお悩みをお持ちのママさんやパパさんにオススメしたいのが、Amazonさんの『Fireタブレット』です。

そこでFireタブレットのオススメポイントや知っておきたいオシイポイント、お子さんやご家族にオススメのモデルとアクセサリを、初心者の方にもわかりやすいようできるだけ簡単にご紹介します。

Fireタブレットのオススメポイント

オススメポイント
  • お手ごろ価格
  • お手ごろサイズ
  • 初期設定が簡単
  • 使わせたくない機能が制限できる
  • Amazonプライムサービスとの相性バッチリ
  • 普通のタブレットとしても使える

お手ごろ価格

最大のポイントはなんといってもお手ごろ価格。

Fireタブレットは画面の大きさで3種類ありますが、一番小さいサイズの『Fire 7』なら5,980円で買えちゃいます

真ん中サイズの『Fire HD 8』が8,980円、一番大きいサイズの『Fire HD 10』でも15,980円なのでお財布にやさしいんです。

お手ごろサイズ

お子さんの手は小さく、力もないため、大きなタブレットは持てません。

その点、Fire 7は幅が約19cm、重さが約300gとお手ごろサイズ

Fire HD 8でも幅が約22cm、重さが約370gなので、ペットボトル1本よりも小さくて軽いんですよ。

初期設定が簡単

次から次にいろいろ決めなきゃならない初期設定、私も苦手で途中で嫌になっちゃいます。

その点、初心者にもやさしいFireタブレットは初期設定も簡単で、事前に入力する項目を何点か確認しておけば迷うことなく終っちゃいます

超簡単!Fireタブレットの初期設定とおすすめ追加設定
何をしたら良いか分からない初期設定もFireタブレットなら超簡単!初期設定に必要な事前準備と、設定内容を画面を見ながら順を追って説明します。

使わせたくない機能が制限できる

有害サイトへのアクセスやゲーム内の課金、知らないうちにお子さんがやっちゃって気づいたときには大変なことに……。

そんな心配、Fireタブレットなら未然に防ぐことができます。

Fireタブレットに搭載された「Fire OS」は、インターネットへの接続やゲーム内課金など、使わせたくない機能をあらかじめ個別に制限できるので安心です
  

子供用にこれだけは設定必須!Fireタブレットの「機能制限」
Fireタブレットで使わせたくない機能は事前に制限しておきましょう。おすすめの機能制限のご紹介と、設定手順を画面を見ながら順を追って説明します。

Amazonプライムサービスとの相性バッチリ

月額325円(年間プラン:3,900円の場合)でお急ぎ便無料や会員限定セールなど、お得なサービス満載の「Amazonプライム」ですが、FireタブレットはAmazonプライムの各種サービス、特に「プライム・ビデオ」と「Kindle(本)」との相性はバッチリ。

また動画は何かと心配になりますが、レーティングによる視聴制限も設定できるのでお子さんにも安心です。

子供に見せない!課金させない!Amazonプライムサービス設定
タブレット側で設定できないAmazonプライムサービスの機能制限は、アカウントサービスから設定しましょう。おすすめ設定もご紹介します。

普通のタブレットとしても使える

FireタブレットはAmazonプライムサービス専用と思われがちですが、もちろん普通のタブレットとしても使えます

特にゲームはAmazonさんも力を入れていて、イベントやコラボも充実してきています。

Fireタブレットのオシイポイント

オシイポイント
  • 保証期間が短い
  • アプリの数が少ない
  • 重いアプリでは性能が足りない?
  • ディスプレイの画質が粗い?

保証期間が短い

Fireタブレットの保証期間は90日間と短め

そのため、安心して使うには有料の「事故保証プラン」の購入が必要です。

アプリの数が少ない

Fireタブレットは「Amazon Android アプリストア」経由でしかアプリを追加できません。

ですが、残念ながらGoogleさんの「Google Play」やAppleさんの「App Store」に比べてアプリの数は少なめです

一応、弱点を解消する方法はあるのですが……。

【詳細版】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストール
【現行全機種対応】弱点であるアプリの少なさを解消するため、FireタブレットにGoogle Playをインストールする手順を説明します。超簡単ですが、ご利用はひっそりと。

重いアプリでは性能が足りない?

タブレットの頭脳にあたる部品「プロセッサ」、Fire 7とFire HD 8の「クアッドコア最大1.3GHz」はそれほど性能が良いわけではありません

そのため、重いアプリやゲームでは動作がゆっくりになることがあります。

ディスプレイの画質が粗い?

ディスプレイ(液晶)の細かさを表す「解像度」、Fire 7は「1024×600ピクセル」とハイビジョン画質(1280×720ピクセル)を下回ります。

Fire HD 8は「1280×800ピクセル」とハイビジョン画質を上回っていますが、最近のスマホのきれいな液晶に慣れている方だと画質が気になるかも知れません

オススメのモデルはこちら

オススメモデル

内部容量は少ないモデルを選択

各モデルには2種類の内部容量サイズがありますが、Fireタブレットはデータの多くをmicroSDカードに保存できるので、内部容量サイズの少ないモデルを選び、容量が足りなくなったかな?と感じたら、その段階でmicroSDカードを購入するのをオススメします。

子供専用なら「Fire 7 8GB」

お子さん専用のタブレットをお考えなら『Fire 7 8GB』がオススメです。

3種類のFireタブレットの中で一番小さいサイズなので、小さなお子さんにもピッタリ。

ゲームをするには少し性能が足りませんが、プライム・ビデオを見たり、Kindle本を読むには十分です。

家族共用なら「Fire HD 8 16GB」

家族みんなで使うタブレットをお考えなら『Fire HD 8 16GB』がオススメです。

こちらは『Fire 7』に比べて約1.3倍の性能がありますし、ディスプレイもハイビジョン画質を上回っているため、ゲームも動画も楽しむことができます。

また、我が家は子供用に『Fire 7 8GB』を購入したのですが、私もすぐに欲しくなってしまいましたので、ママさんやパパさん用の買い増しの1台にもオススメです。

ゲームなら「Fire HD 10 32GB」

お子さんが使うには大きく、お値段もお手ごろではありませんが、ゲームや動画を快適に楽しみたいなら『Fire HD 10 32GB』がオススメです。

こちらは『Fire 7』に比べて約2.4倍の性能がありますし、ディスプレイも「1920×1200ピクセル」とフルハイビジョン画質(1920×1080ピクセル)を上回っていますので、ゲームも動画も快適に楽しむことができますよ。

オススメのアクセサリはこちら

オススメアクセサリ
  • 事故保証プラン
  • Amazon キッズカバー
  • 液晶保護フィルム

事故保証プラン

いきなりアクセサリではないですが、これはオススメです。

お子さんや家族みんなで使うタブレットは誰がどんな状況で使うか予測できないため、バッテリーの劣化を含む自然故障に加え、落下や水濡れなどの事故も補償の対象となる『事故保証プラン』、それも最長の3年プランがオススメ。

本体購入から30日以内であれば後から申込み可能なので、タブレットを実際に触ってみてから検討できるのもポイントですね。

なお、Amazonさんのレビューに低評価もあり心配になりますが、これには理由がありまして、ちゃんとした手順で申請すれば保証は適用されますので、気になる方はリンク先の記事を参考にしてみてください。

必ず確認!保証とAmazonデバイスの紐付け
Amazonデバイスの事故保証プラン購入後、確認したいのが保証と端末の紐付け。特に保証と端末を別々に購入した場合、正しく紐付けされていない可能性があるため、必ず確認してください。
ポイント解説!最短でFireタブレットの事故保証プランを申請する方法
Fireタブレットの自然故障やバッテリーの劣化にも対応するテックマークジャパンの「事故保証プラン」ですが、最短で保証を申請するポイントと手順を説明します。




Amazon キッズカバー

タブレットを守ってくれるカバー、オススメは『Amazon キッズカバー』です。

このカバーは隠れた逸品でして、見た目のわりに軽量で丸みがあるので持ちやすいですし、四隅が大きく張り出しているため液晶部分がむき出しですが直接衝撃が加わらないかぎり落としても壊れる心配はありませんから、お子さんだけでなく家族みんなで使うのにもピッタリ。

とにかく大きいので外に持ち出すのは少し難しいですし、斜め置きができないのが欠点ですが、ソファーに座って膝の上に置くにはちょうど良いサイズです。

残念ながら『Fire HD 10』用を単品販売しているのは米国と英国だけなので、日本でも取扱いを開始してもらえるとうれしいですね(我が家は出張ついでにオットに購入してもらいました)。

また、Feitennさんが販売しているキッズカバーは純正に比べて全体に厚みが薄く仕上りが荒い感じですが、持ち手を倒すと斜め置きができますのでこちらもオススメです。




液晶保護フィルム

液晶保護フィルムは素材に「PET(プラスチック)」または「強化ガラス」が使われている製品が主流ですが、何を基準に選べば良いのかわかりませんよね。

そこでオススメしたいのが、画面への映り込みを気にされる方、もしくは小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は「反射防止タイプのPET製フィルムそれ以外は「強化ガラス製フィルムという選び方です。

強化ガラス製フィルムは見た目や操作性など多くの面でPET製フィルムを上回っているため皆さんにオススメしたいところですが、操作している自分の顔がはっきり写ってしまうほど画面の映り込みが強いため、この点を気にされる方には反射防止タイプのPET製フィルムをオススメします。

また、衝撃が加わると中の液晶が先に割れてしまうほど強化ガラス製フィルムは硬いのですが、ガラス片はでてしまう場合がありますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にもPET製フィルムをオススメします。

  • PET製フィルム



  • 強化ガラス製フィルム


microSDカード

容量が足りなくなったかな?と感じてからでも遅くありませんが、写真や動画をたくさん保存したい方はタブレットと一緒に購入するのもオススメです。

撮影した写真や動画の保存先を使いはじめからmicroSDカードにしておけば、タブレットが故障してもデータが失われることがないので安心ですね。

Made for Amazon認定取得」品は動作保証があるので安心ですが、認定品以外は動作しないのか?と言いますとそんなことはないようで、私もTranscendさんのmicroSDカードを使っていますが特に不具合らしい症状はでていませんのでお好みで選んでください。

なお、FireタブレットにmicroSDカードを差し込むと、写真の保存先や対応アプリのインストール先がmicroSDカードに設定されますが、大事なデータをなくさないためにも、リンク先の記事を参考に設定を確認しておきましょう。

大事なデータは大丈夫?FireタブレットのmicroSDカード設定を確認
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカード、Fire OS 5での設定手順やFire OS 6で変更された使い方などを説明します。



購入後はこちらをどうぞ

初期設定は簡単

Fireタブレットは初心者にもやさしい設計のため、面倒な初期設定も事前に入力する項目を何点か確認しておけば迷うことなく終ります。

リンク先では必要な事前準備や設定内容を順を追って説明していますので、参考にしてみてください。

超簡単!Fireタブレットの初期設定とおすすめ追加設定
何をしたら良いか分からない初期設定もFireタブレットなら超簡単!初期設定に必要な事前準備と、設定内容を画面を見ながら順を追って説明します。

公式ヘルプもどうぞ

設定やトラブルでわからないことはAmazonさんの公式ヘルプ「Amazonデバイス サポート」も確認してみてください。

デバイスごと、項目ごとに詳しく説明されていて便利ですよ。

なおFireタブレットは世代ごとにヘルプが用意されているので「Fireタブレットの見分け方」も参考にしてみてください。

まとめ

3種類あるAmazonさんのFireタブレット、商品ページの比較表をみても違いがよくわからないですし、一番高いのを選べば良いというわけではないのも難しいですね。

すべてのFireタブレットを我が家で実際に使ってみた感想ですが、お子さんが使うには一番小さいサイズの『Fire 7』、家族みんなで使うには真ん中サイズの『Fire HD 8』、ゲームをするなら一番大きいサイズの『Fire HD 10』という選び方が最適だと思います。

どのモデルも丈夫なカバーをつけて機能制限を設定すれば、みんなで楽しめるタブレットに大変身。

お手ごろ価格のFireタブレットだからこそ、家族みんなで楽しんじゃいましょう。

シェアしていただけるとうれしいです