おすすめモデルは?Google Playインストールに最適なFireタブレット

【誰かのお役に立つかもしれない、ひっそり記事】

Fireタブレットは「Google Play」をインストールして「Play ストア」のアプリを利用できます(Amazonさん非公式ですが皆さんご存じですよね)。

インストールも簡単ですし、Google Playを目当てにFireタブレットの購入を検討されている方も多いと思いますが、実はモデルごとにGoogle Playとの相性の良し悪しがあります。

そこで「Google PlayをインストールしてPlay ストアのアプリを利用する」点だけに注目したモデル選定のポイントとオススメのモデルをご紹介します。

【詳細版】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストール
【現行全機種対応】弱点であるアプリの少なさを解消するため、FireタブレットにGoogle Playをインストールする手順を説明します。超簡単ですが、ご利用はひっそりと。

モデル選定のポイント

2種類のFire OS

現在Amazonさんで販売しているFireタブレットは、初期OSが「Fire OS 5」の第7世代(『Fire 7(第7世代)』『Fire HD 10(第7世代)』)と、初期OSが「Fire OS 6」の第8世代(『Fire HD 8(第8世代)』『Fire HD 8 キッズモデル』)の2種類に分類されます。

各Fire OSはベースとなるAndroidバージョンが異なり、アプリの対応状況に影響を及ぼしますので、お目当てのアプリがある場合は必ず対応OSを確認してください。

モデル 発売 初期Fire OSバージョン Androidバージョン
Fire 7(第7世代) 2017年 Fire OS 5 Android 5.1
Fire HD 10(第7世代) 2017年 Fire OS 5 Android 5.1
Fire HD 8(第8世代) 2018年 Fire OS 6 Android 7.1
Fire HD 8 キッズモデル 2019年 Fire OS 6 Android 7.1

Android 5.1の保守はすでに終了

2015年発売のFire HD 10(第5世代)から採用のFire OS 5はアプリの動作報告も豊富ですが、ベースとなるAndroid 5.1のGoogleさんによる保守は2018年3月を最後にすでに終了しています

Fire OS 5の保守はAmazonさんによって継続されていますが、Google PlayのインストールはAmazonさん非公式ですから、不正アプリによる攻撃には注意が必要です。

Fire OS 6の制限

Fire OS 6のモデルにGoogle Playをインストールしても、Google アカウントを管理する「Google 設定」がホーム画面に追加されません

この状態でもPlay ストアからアプリの追加や削除はできますが、Googleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除するには少し特殊な手順が必要です。

【Fire OS 6】FireタブレットでGoogleアカウントを設定する方法
Fire OS 6のFireタブレットではできなかったGoogleアカウントの設定を変更したり、アカウントを追加・削除する方法をご紹介します。

モデル間の性能差は大きい

モデル選定で気を付けたいのが、商品ページの比較表ではわからない性能差です。

下の表はリンク先の海外記事からAnTuTuというツールによる性能評価結果をまとめたものですが、モデル間の性能差は大きく開いています。

Google Playをインストールするとバックグラウンドの動作が増えるため、Fire 7では性能的に厳しく、特にゲームを楽しみたい方には最低でもFire HD 8、できればFire HD 10をオススメします。

Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 10
Fire 7を1とした性能 1 1.3 2.4

内部容量サイズは大きいモデルを選ぶ

Fireタブレットはデータの多くをmicroSDカードに保存できるため、内部容量サイズの小さいモデルを選びたくなりますが、Google PlayのアプリはmicroSDカードへのインストールでは正しく動作しない場合があります。

特にFire OS 6のモデルでmicroSDカードを「内部ストレージ」に設定しGoogle PlayをインストールするとPlay ストアが正常に動作しない不具合が確認されており、最悪の場合は停止して一切の操作を受け付けなくなります

そのため内部容量サイズは大きいモデルをオススメします。

容量不足解消!FireタブレットでmicroSDカードを設定する方法と注意点
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードの設定手順や注意点などをFire OS 5とFire OS 6の2種類のOS別に説明します。

オススメのモデルはこちら

オススメNo.1「Fire HD 10 32GB」

オススメNo.1は参考価格15,980円の『Fire HD 10 32GB』です。

本来は上位容量で参考価格19,980円の『Fire HD 10 64GB』を推したいところですが、差額4,000円は大きいですね。

性能は『Fire 7』の約2.4倍、『Fire HD 8』の約1.8倍とFireタブレット全モデルの中で最高なため、他のモデルでは動作がゆっくりになるゲームも快適に楽しめます。

またアプリの動作報告が豊富なFire OS 5なのもポイントです。

オススメNo.2「Fire HD 8 32GB」

オススメNo.2は参考価格10,980円の『Fire HD 8 32GB』です。

差額2,000円を考えると参考価格8,980円の『Fire HD 8 16GB』を推したいところですが、Fire OS 6はmicroSDカードで容量を増やすのが危険なため上位用量をオススメにしました。

性能はFire HD 10に及びませんが、重いゲームをしないなら価格と性能のバランスが良く満足度が高いのがポイントです。

またFire HD 10は少し大きいので持ち運びを優先したい方にもオススメします。

オススメNo.3「Fire HD 8 キッズモデル」

(私もそうですが)携帯端末にはカバーと保証が必須ですよね?

そんな方にオススメなのが参考価格14,980円の『Fire HD 8 キッズモデル』です。

キッズモデルはお子さん専用と思われがちですが、タブレット本体はオススメNo.2の『Fire HD 8 32GB』そのものですから、簡単な設定で普通のFireタブレットとして使うことができますし、もちろんGoogle Playもインストールできます。

またFreeTime Unlimitedの料金を除いてもタブレット本体とキッズカバー、事故保証プランを個別に購入するよりもお得ですし、交換が1度だけの事故保証プランと異なり、壊れたら2年間何度でも交換できる専用保証が付いてくるのもポイントです。

子供も!大人も!みんなに最適!Fire HD 8 タブレット キッズモデル
新発売の「Fire HD 8 タブレット キッズモデル」を実際に使ってみて感じたオススメポイントとチェックポイントをご紹介します。

まとめ

普通の使い方をされる場合、Fireタブレットの最初の1台には価格や性能、サイズのバランスが良い『Fire HD 8 16GB』をオススメしますが、「Google PlayをインストールしてPlay ストアのアプリを利用する」という点に注目するとオススメも変わります。

特にFire OSの違いはGoogle Playの利用に大きく影響するため、価格とサイズに納得できれば、アプリの動作報告も豊富な『Fire HD 10 32GB』は間違いなくオススメNo.1です。

私の経験が皆さんの参考になればうれしいです。

【初心者向け】Fireタブレットの比較ポイントとおすすめモデル
「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」と3種類のFireタブレットを実際に使ってみて感じた比較するべきポイントとオススメのモデルを初心者の方にもわかるようご紹介します。

シェアしていただけるとうれしいです